知的好奇心を着実に高める方法(結)

ー雑記ー

 

前回に引き続き、知的好奇心に関して話をしていこうと思います。

 

前回の記事を先にご覧ください↓

知的好奇心を着実に高める方法(続)
ー雑記ー 最近、忙しかったので久しぶりの更新です。 今回も前回に引き続き、知的好奇心の高め方について話そうと思います。 前回の記事を先にご覧ください。 前回は、好奇心を上げるためには「普段、自...

 

そういえば、知的好奇心は車のようなもので、燃料と燃焼がセットで前進するものだということを話しましたね。

で、今日はこの燃焼の話です。

 

燃料は、新しいジャンルの本を読んで、未知の知識をたくさん触れることで補充するんでしたね。

じゃあ、この溜まった燃料をどのように燃焼していくのか。

 

僕の今のところ思いつくのは2つなのですが、1つ目は散歩。2つ目は議論です。それぞれ詳しく言っていきます。

 

1つ目は散歩なのですが、なぜかというと、散歩してると色々と考え事が生まれてくるからですね。

普段から散歩をしている人なら分かると思いますが、普段は全然散歩しないという人は、一度1時間くらい散歩をしてみて下さい。

ルートはどこでもいいですが、周りがあまり騒がしくない方が良いと思います。

 

で、散歩し始めたころはボーっとしているでしょう。しかし、ずっと歩き続けてると、ボーっとするのも退屈だしなんか考えるかー。みたいな感じになるんですね。

そんで、じゃあ何考えるかというと、今日のゲームは何しようかなとかでも良いですが、ここで先ほど読んできた、普段は読まないジャンルの本たちのことを思い浮かべて下さい。

 

それで、それってどんな内容だったけと反芻してみる。その後は、これって現実世界では具体的にどうなってるんだろ。これらの考えからもっと発展できないだろうか。あの考えはホントに正しかったのだろうか。といろいろ本の内容について考察してみると良いです。

 

そうすれば、新たな知識を使って自分の思考を拡張でき、「もっと違う本も読んでみようかな。もっと深く考えてみたいな」と、知的好奇心が増してくると思います。

 

2つ目は議論ですね。これは先ほどと好奇心が上がる理屈は同じなのですが、散歩が自己との対話だとするならば、こちらは他者との対話です。

 

散歩は自己の思考を掘れるところまで深堀できるのが魅力的で、自分の都合の良い時間にできます。

議論は他者という新しい視点が加わるので、自分一人では達し得ないような、斬新で新鮮な考えを脳内で構築できるでしょう。

 

結論

知的好奇心を解き放つには、散歩とか議論とかが良い。(ただし、そのための材料は事前に入手)

 

追記

1つ目の散歩について、なぜ次々と考え事が生まれてくるのかを、上手く説明している記事があるので、その記事のリンクを貼っておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました